閉じる
閉じる
  1. 愛犬とのアイコンタクトは重要!視線で愛犬とつながるトレーニング方法
  2. モグワンの悪評・ステマは本当なの?気になるモグワンの実態を調査
  3. 犬との避難に備えて準備しておくこと
  4. もしもの「犬の迷子」に備えよう!愛犬が迷子の対処方法
  5. 子犬を迎える時に用意したい「ペット用品」まとめ
  6. 初めてなら覚えておきたい「犬のしつけ」の基本
  7. 犬を飼う前に理解しておきたい7つのこと
  8. 新人飼い主さんは意識したい「愛犬と信頼関係を築く大切さ」
  9. 愛犬が他の犬や人を噛んでしまう…「噛み癖」の原因と対処法
閉じる

DogPlayLife

初めてなら覚えておきたい「犬のしつけ」の基本

犬を家に迎え入れたら、しつけは必ず行っていく必要があります。

犬と人とでは、言葉が通じないだけではなく習性なども全く違います。それでも一緒に生活していくのですから、ある程度のルールは覚えてもらわなければいけません。

但し、犬のしつけは犬の学習能力に頼るだけでは無理なことで、飼い主さん側も基本を覚えて取り組む必要があります。

そこで、犬のしつけを行う際の基本について紹介していきますので、是非参考にしてください。

犬のしつけを行う時に守るべきこと

犬に行うしつけの種類は様々です。散歩の時の歩くマナーやトイレトレーニング、無駄に吠えたりしないことなど、必要に応じてまだ他にもたくさんのしつけがあります。

但し、犬のしつけを行う時の基本は全て同じですので、まずはその基本を頭に入れておくようにしましょう。

叱る時はすぐにその場で!

犬が何かイタズラや叱らなければいけないようなことをした時には、すぐにその場で叱るのは基本中の基本となります。

犬には、後から叱るというのは一切通用しません。

例えば、外出から帰宅したら室内にイタズラがしてあったとします。

叱りつけたいのはやまやまだとは思いますが、そこで叱ったとしても犬には全く効果がないだけでなく、犬からするとお留守番をしていたのに帰ってきたと思ったら急に叱られたとしか思いません。

他には、お客様が来た時にうるさく吠えたとします。

その場ではお客様の手前叱ることはせずに、お客様が帰宅した後に「どうして吠えるの」と叱っても、既に吠える対象がいなくなって叱られた時には犬は吠えていないのですから、犬は全く訳が分かりません。

叱る時は「その行動を起こした時にすぐ!」は基本であり、そうでなければ叱らないようにしましょう。

叱ると褒めるは必ずセットで行う

叱ると褒めるのがセットと聞くと、ピンとこない方が多いかもしれません。でも、これは犬のしつけを行う上ではとても大切なことです。

例えば、犬がやたらとうるさく吠えていたとします。

飼い主さんが「いけない」とその場で叱り、犬がそれに従って大人しくなったとしましょう。犬が静かになったことに満足して、そのままにしてしまうのは絶対にやってはいけないことです。

犬は飼い主さんの「いけない」という指示に従って静かになったのですから、そこは褒めてあげるべきところです。

これをしないと、犬のなかには「吠えたら叱られた」という記憶しか残りません。嫌な記憶だけがインプットされてしまうのです。

その逆に、きちんと指示に従って大人しくなったことに対して、しっかりとその場ですぐに褒めてあげるとします。犬のなかには「飼い主さんの指示に従ったら褒められた」という記憶と、嬉しそうに褒めてくれた飼い主さんの姿がインプットされます。

犬は飼い主さんが喜ぶことを再びしようとするところがありますので、また褒められようと同じ行動、つまり指示に従おうとするようになります。

このように、叱った後に褒めることはとても大切なことになるのです。

トレーニングは短時間で切り上げる

犬に物事を教える時には、繰り返し同じことをさせて学習させる必要があります。

オスワリやマテなども、1回や2回で覚える犬はまずいませんので、何度となく繰り返し練習を行います。

ただ、犬の集中力はどんなに長くても、10分~15分が限界です。

それ以上の時間練習を続けても、犬は気が散ってしまい練習にはなりません。

犬に何かトレーニングを行う時には、1回にダラダラと長時間行うのではなく、短時間で集中的に行うことを何度も繰り返すのが効果的となります。

しつけのルールは統一しておく

犬に対するしつけのルールは、家族間で必ず統一しておくようにしましょう。

やっていいことといけないことは、必ず決めておくようにするのがおすすめです。

よくあるパターンが、比較的犬と一緒に居る時間の長いお母さんは、ルールを守って叱るべきところは毅然とした態度叱っているのに、休日しか犬と接することができないお父さんはつい甘くなって叱らずにそのままにしてしまう、ということです。

これでは犬は混乱してしまい、いつまで経ってもルールを覚えることができません。これは犬の為にはならない、一番ダメな甘やかしになってしまいます。

また、子犬のうちは許されていたのに、成犬になって禁止にするのもやってはいけないことです。

子犬は可愛くてつい甘やかしてしまいがちです。食事の時に隣の椅子に座らせて食事を一緒にしていたけれど、大きくなってきたらもう椅子にのってはダメと言っても犬は理解できません。

子犬の頃は調理台に届かないのでキッチンへの立ち入りが許されていたけれど、大きくなったら調理台に手が届いてしまうからダメなど、人間の勝手なルール変更を犬に押し付けないようにしましょう。

やむを得ず状況が変わってしまった場合は仕方ないですが、ルールを決める時には成犬になった時のことを想定して家族間で事前によく相談しておくのがおすすめです。

まとめ

犬にしつけを行う時の、基本について紹介してきました。

犬に何かを教える時には、それぞれの犬の性格応じて方法はいくつかありますが、飼い主さんの側が守らなければいけないことはそう多くありません。

ここで紹介した基本さえしっかり頭に入れておけば、後は飼い主さんと愛犬との間でやりやすい方法を見付けてアレンジをしていくのがいいでしょう。

犬の能力にも個体差がありますので、覚えの早い子と遅い子がいます。しつけは焦らずにじっくりと根気よく取り組んでいくことも大切なことになります。

関連記事

  1. 愛犬が他の犬や人を噛んでしまう…「噛み癖」の原因と対処法

  2. 愛犬とのアイコンタクトは重要!視線で愛犬とつながるトレーニング方…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る