閉じる
閉じる
  1. 愛犬とのアイコンタクトは重要!視線で愛犬とつながるトレーニング方法
  2. モグワンの悪評・ステマは本当なの?気になるモグワンの実態を調査
  3. 犬との避難に備えて準備しておくこと
  4. もしもの「犬の迷子」に備えよう!愛犬が迷子の対処方法
  5. 子犬を迎える時に用意したい「ペット用品」まとめ
  6. 初めてなら覚えておきたい「犬のしつけ」の基本
  7. 犬を飼う前に理解しておきたい7つのこと
  8. 新人飼い主さんは意識したい「愛犬と信頼関係を築く大切さ」
  9. 愛犬が他の犬や人を噛んでしまう…「噛み癖」の原因と対処法
閉じる

DogPlayLife

犬との避難に備えて準備しておくこと

昨今避難を伴う災害が全国各地で発生しています。自分の住んでいる地域も、いつそのような災害が襲ってくるかは誰にも分かりませんよね。

犬を飼育している方は、万が一の災害に備えて自分たちの防災グッズはもちろんですが、犬の為の防災グッズも用意しておく必要があります。

そこで、防災グッズはどのような物を用意すればいいのか、万が一犬を連れて避難をした時にはどのような点に気を付けるべきなのかを紹介していきます。

愛犬用の防災グッズとして用意すべき物

愛犬用の防災グッズの中には、次の物を入れて準備しておくようにしましょう。
・食べ慣れている餌(最低でも1週間分)
・犬用の飲料水
・犬用の皿
・ビニール袋(排泄物処理や餌の食べ残しを入れる)
・大きめのバスタオル(キャリーケースがすっぽり隠れる大きさ)
・狂犬病やワクチン接種の証明書
・鑑札

これらをひとまとめにして、いつでも持ち出せるようにキャリーケースなどと一緒に置いておくのがおすすめです。

普段服用している薬があれば、こちらもいつでもすぐに持ちだせるようにしておきましょう。

避難を伴う災害時は、全国の例からするとペット関連の物資配給はどうしても後回しになってしまうことがあります。

人用の避難グッズは最低3日分用意すべきと言いますが、ペット用の物に関しては最低でも1週間分は用意しておくようにしましょう。

愛犬との避難時にあると便利な物

防災グッズはあまり大荷物になっても運ぶのが大変になってしまいますが、可能であれば次の物も用意しておくようにしましょう。

・ウェットティッシュ
・ウェットフード(日持ちのする物)
・予備の首輪とリード
・救急セット(消毒薬・包帯・ガーゼなど)
・ガムテープ

避難時は、環境の変化が影響して食欲が落ちてしまう犬もいます。そんな時でもウェットタイプのフードであれば食べてくれる場合もありますので、準備しておくのがおすすめです。

また、避難途中に割れたガラスなどがあると、足を怪我してしまうこともありますので、救急セットを持参していれば自分で手当てをしてあげることができます。

ガムテープは、キャリーケースの補強や段ボールなどを利用して目隠しを作る時など、1つあると何かと便利に使えます。

災害が起こる前に確認しておくこと

災害が起きてしまうと、予想以上に慌ててしまうものです。

愛犬を連れて避難するのであれば、事前に避難場所などをしっかり確認しておくことが大切です。

避難場所を確認しておきましょう

愛犬を連れて避難をするのであれば、地域の避難場所がペット同行避難可能な場所なのかを事前に必ず確認しておきましょう。

地域によっては、ペット同行禁止の場所やペット同行避難用の避難所を設けている場合もあります。必ず前もって確認しておくことはとても重要なことです。

また、避難場所によってペット同行についてのルールを設けているはずですので、それも合わせて確認しておくようにしましょう。

避難ルートを確認しておきましょう

ペット同行避難の場所が確認できましたら、一度そこまで愛犬と一緒に歩いてみるのがおすすめです。

災害時は、普段通れる道が通行止めになってしまうこともありますので、ルートはいくつか確認しておきましょう。

避難所ではマナーを守りましょう

ペットとの同行避難は、様々な制約が付き物です。ルールに関しては避難所ごとに決められていると思いますので、それには必ず従うようにしましょう。

ここでは、避難所での一般的なマナーについて紹介していきます。

愛犬は絶対にノーリードにしない

どんなにしつけの行き届いている犬であっても、避難所では絶対にノーリードにはしないようにしましょう。

避難所には多くの人がいます。当然ながら犬が苦手な人もいるはずです。非日常的な中で、気が立っている人もいるかもしれませんので、不要なトラブルを避ける為にも、キャリーケースから出す時には常にリードを付けて側に居るようにしましょう。

また、普段は温厚な犬であっても、環境の違いでいつもと違う反応をしてしまうかもしれませんので、家族以外の人にはあまり近寄らせないようにしておきましょう。

無駄吠えは放置しない

普段は大人しい愛犬でも、避難時のストレスや人の出入りの多さに興奮して、いつもはしない無駄吠えをするようになってしまかもしれません。

いつもと違う環境下で、犬が無駄吠えしてしまうのはある程度仕方のないことではありますが、残念ながら犬の鳴き声を不快に思う方は多くいます。

犬の無駄吠えがなかなか収まらないようであれば、仕方ないとそのままにしたりせず、その場から連れ出して気分転換をさせるなど対応してあげるようにしましょう。

排泄物は必ず片付ける

これは避難時に限った話ではないのですが、愛犬の排泄物は飼い主さんが責任を持って片付けるようにしましょう。

また、避難所によっては排泄する場所が決められている場合がありますので、その場合にはそのルールも必ず守るようにしましょう。

片付けた排泄物は、捨てる場所が指定されていた場合には速やかにそこに捨て、ない場合には外から見ても排泄物と分からないようにして、他の方の迷惑にならないようにまとめておきます。

まとめ

災害時に用意しておく愛犬用の防災グッズや、避難所のマナーについて紹介してきました。

事前にきちんと準備をして避難所の下見を済ませていたとしても、災害時には予測のつかないようなことが起こるかもしれません。

それでも、事前の準備は絶対に無駄にはなりませんので、万が一の時に備えて防災グッズは用意しておくのがおすすめです。

関連記事

  1. 新人飼い主さんは意識したい「愛犬と信頼関係を築く大切さ」

  2. もしもの「犬の迷子」に備えよう!愛犬が迷子の対処方法

  3. 犬を飼う前に理解しておきたい7つのこと

  4. 子犬を迎える時に用意したい「ペット用品」まとめ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る