閉じる
閉じる
  1. 愛犬とのアイコンタクトは重要!視線で愛犬とつながるトレーニング方法
  2. モグワンの悪評・ステマは本当なの?気になるモグワンの実態を調査
  3. 犬との避難に備えて準備しておくこと
  4. もしもの「犬の迷子」に備えよう!愛犬が迷子の対処方法
  5. 子犬を迎える時に用意したい「ペット用品」まとめ
  6. 初めてなら覚えておきたい「犬のしつけ」の基本
  7. 犬を飼う前に理解しておきたい7つのこと
  8. 新人飼い主さんは意識したい「愛犬と信頼関係を築く大切さ」
  9. 愛犬が他の犬や人を噛んでしまう…「噛み癖」の原因と対処法
閉じる

DogPlayLife

子犬を迎える時に用意したい「ペット用品」まとめ

子犬を初めて家に迎える時には、ワクワクしてしまいますよね。犬がやってくる日を、指折り数えてしまう人もいるでしょう。

子犬を迎えるにあたっては、用意しておかなければならない物がいくつかあります。

今回は、子犬が来る前に用意しておく物から、あると便利な物まで紹介していきます。

子犬が来るまでの用意しておきたい物

犬専用の食器

餌を入れる用の皿と、水を飲む用の皿は別々に用意するようにしましょう。

一つの枠の中に両方がセットされているタイプの物もありますが、子犬はまだ上手に水を飲めない場合もあり、水が餌の方にこぼれてしまうこともあります。

上手に食事を取れるようになるまでは、別々に置けるタイプの方がおすすめです。

皿は子犬でも食べやすいように、あまり深すぎない物がいいでしょう。但し、手を突っ込んだりして遊び食べをしてしまう場合もありますので、多少重みのある物で簡単にひっくり返ったりしないような物がおすすめです。

また、皿の底にゴムなどの滑り止めが付いている物も、食べている時に皿が動かないので犬は食べやすいです。

ケージ

犬が落ち着いて過ごせる場所として、ケージは用意しておくようにしましょう。

サイズは子犬が成犬になった時の大きさを想定して、選んであげてください。

あまり大きすぎるサイズは逆に落ち着かなくなってしまいますので、成犬になってもゆったりと寝て過ごすことのできるサイズがおすすめです。

トイレ用品

室内でトイレトレーニングをするには、トイレシーツ・トイレトレーが必要となります。

トイレトレーのサイズもケージと同じように、成犬になっても使えるサイズを最初から選んでおくのがおすすめです。

子犬のうちは失敗もしますので、大きめの方が何かといいでしょう。

また、オス犬の場合には足をあげてオシッコをする習性がありますので、床面と壁に立てかけられる面の2面タイプの物も後々のことを考えると便利です。

トイレシーツは、トレーに合ったサイズの物を選ぶようにしましょう。

子犬を迎える時に同時に用意する物

餌(ドッグフード)

餌は、それまで食べていた物と同じ物を用意するのがおすすめです。

ペットショップであれば、同じ物がその場で購入できると思いますので、どれを食べていたのかを教えてもらって購入するようにしましょう。

ブリーダーさんから迎えるのであれば、数日分は持たせてくれる場合が多いですが、銘柄を聞いて同じ物を購入するようにしましょう。

別な物に切り替えるのであれば、新しい生活に慣れて落ち着いた頃まで待ってからにするのがおすすめです。

切り替えを検討する際には、いくつか気になるフードを与えて食いつきや相性を試してみましょう。

最近CMでも紹介されて人気のドッグフードも合わせて紹介します。

モグワンドッグフード

モグワンの5つの特徴
1.ヒューマングレードの新鮮なチキンと魚を原材料に使用
2.穀物を使わず仕上げて愛犬の消化に配慮
3.小型犬やシニア犬でも食べやすい小粒タイプ
4.工夫次第でフードの個性を引き出せるシンプルなレシピ
5.ペット先進国のイギリスの専門工場で製造
引用:モグワンが50%オフ!口コミの悪評や評判も調査

おもちゃ

子犬は遊ぶのが大好きです。

おもちゃにも種類がたくさんあり、子犬よって好きな遊びが違いますので、今までの様子を聞いて好みそうなおもちゃを選んであげましょう。

おもちゃの相性がわからない場合は複数種類がセットになったものもおすすめです。
amazon商品ページ

首輪とリード

首輪はその時に合ったサイズを購入する必要があります。

子犬の月齢やワクチン接種などの都合で、まだすぐにお散歩に行かれないようであれば、急いで買う必要はありません。

ワクチン接種が終了して、もうすぐ散歩に出られるのが決まった時点でリードと合わせて購入しても遅くはありませんが、散歩に出る数日前から室内で装着して慣らしておくのがおすすめです。

お散歩バッグ

散歩に出掛ける時用にバッグを用意しておきましょう。新しく買う必要はなく、手持ちの物で十分です。

ウンチを取る用のビニール・ティッシュ・ペットボトルに入れた水、これらが入る程度の大きさの物を用意しておきましょう。

保温グッズ

寒い時期に迎えるようであれば、保温グッズを用意してあげるようにしましょう。

子犬は体温調整が上手に出来ませんので、ケージの中に敷くブランケットや、ペット用のヒーターなどを用意してあげるのもおすすめです。

また、特に寒い季節には、夜間はケージごと毛布などで覆ってあげると保温効果がアップします。

徐々に用意する物・あると便利な物

犬用のブラシ

どんな犬でも抜け毛は必ず出ます。日頃からブラッシングを行うことで、スキンシップにもなりますし、余計な抜け毛をブラッシングで取り除くことで、皮膚の通気性がよくなりマッサージ効果も期待できるのでおすすめです。

ウェットティッシュ

特に子犬は食事の時にこぼしたり、顔周りを汚したりします。

濡れたガーゼなどで拭いてあげてもいいのですが、ウェットティッシュがあればすぐに拭いてあげることができてとても便利です。

犬用に使うウェットティッシュは、ノンアルコールタイプで香料の入っていない物を選んであげるようにしましょう。

消臭剤

子犬はトイレトレーニングを失敗することもあります。

そんな時には、再び同じ場所で粗相をしないように匂いを消しておかなくてはいけません。

その時に消臭スプレーがあると大変便利です。消臭スプレーはペット用の安全な物を選ぶようにしてあげましょう。

また、室内にペットがいるとどうしても匂いが気になることがあります。部屋の消臭剤などを置いておくだけでだいぶ違いますので、必要に応じて利用するのもおすすめです。

まとめ

子犬を家に迎える時に必要な物を紹介してきました。

実はすぐ必要となる物は意外と少ないのですが、ペットショップなどではまとめて購入を薦められるかもしれません。

実際に使用する時になったら、他にも便利に使えそうな物が見付かったということもよくありますので、まずは最低限必要な物を揃えるだけでも問題ありません。

必要に応じて買い足しても間に合いますので、慌てて色々な物を揃えなくても大丈夫です。

関連記事

  1. 新人飼い主さんは意識したい「愛犬と信頼関係を築く大切さ」

  2. 犬との避難に備えて準備しておくこと

  3. もしもの「犬の迷子」に備えよう!愛犬が迷子の対処方法

  4. 犬を飼う前に理解しておきたい7つのこと

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る